blog

2016/06/23 02:42


ポンチキヤでは、「納得できるかぎりの」身体にやさしい材料を使用しています。

生地はもちろん、中のジャムやクリームも手づくりしています。



―こだわっているところ。


マーガリンは使用していません。
合成の香料、着色料や保存料などの添加物は使っていません。
(ポンチキの香り付けはバニラビーンズ、クッキーの色は野菜などでつけています)

ポンチキヤは科学や生物学に詳しくないので、どこまで身体に悪いかは本当のところわかりません。

でも、なんとなく好きではないのです。

マーガリンは原材料を安くするため以外、ほとんど使う理由はありません。

香料や着色料は、自然なもので十分だと思います。

保存料も、普通に食べる分には使う必要はありません。

なので、ポンチキヤでは使いません。



―こだわっていないところ


お店によっては「きび砂糖」、「オーガニック食材」などにこだわるお店もありますが、

ポンチキヤではそこまでのこだわりはもっていません。

もちろん「薔薇ジャム」のダマスクローズやレモンなどは無農薬を選びますが、

その他の材料で有機かどうか、精製されていないか、などに関しては、

本能的に避けたり選んだりしたくなるほど、まだ理解ができていないので

一般的な材料で納得しています。

 



―「ほぼ」無添加


チョコレートなど自家製が難しいものは、どうしても乳化剤など添加物が入っているものがあります。

またジャムにもペクチンを入れています。

そういった加工製品をつかう際は、できるだけ添加物の少ないものを選んでいますが
それでも避けられないものはあります。

完全な「無添加」というにはちょっと後ろめたさがあるので・・・
「ほぼ無添加」としました。


ドーナツや甘いものは、もともと身体にいいとはいえません。
健康になるために食べる人はいないとおもいます。
食べると幸せになるから食べるのだとおもいます。
「こんなにこだわってるから身体にいいですよ」とえらそうにいう気もありません。
でもどうせ幸せのために食べるのであれば、よくわからない変な食材はできるだけ入れたくない。
だから、もし材料を気にしているお客さんがいたら、
「いいか悪いかはわかりませんが、これくらいのゆるいこだわりを持って作っていますよ」、
とお伝えしたいのです。