blog

2016/09/28 00:00

[コハニエ]

ポ:kochanie!


旅行で使うことはないかもしれないけれど、念の為 

意味は「愛しの人」


呼びかけ言葉です。英語で言うハニーとかベイビーとかダーリンとかそういう感じです。

「愛する」という意味の動詞「コハッチ」が変化して「コハニエ」(愛する人)ということになります。これは男性、女性、子供にも使えます。恋人同士だけでなく、単に、優しく呼びかけるだけみたいな用途でも使われているような気がします。たまに見ず知らずの優しそうなおばさんとかにも「コハニエ」とか言われたりしましたし。子供扱いされていたのかな?



ポンチキヤでもイモムシクッキーを売っちゃうくらい、ポーランド語にはafektonim「愛称」がたくさんあります。愛称辞典なるものが販売されてるくらいです。日本語ではありえないですね。(「あなた」しか思いつきません・・・)


面白いアンケートを見つけました。Onetというポーランドのポータルサイトでのアンケートだそうです。

「ポーランド語で最もよく使われる愛称ベスト10」

1位 kochanie (コハニエ)愛しの人

2位 misiu (ミシュ)熊ちゃん

3位 kotku (コトク)猫ちゃん

4位 skarbie (スカルビエ)宝物ちゃん

5位 słoneczko (スウォネチュコ)太陽ちゃん

6位 myszko (ミシュコ)ネズミちゃん

7位 dziubku (ジュプク)キスちゃん(?)クチバシちゃん(?)

8位 żabko (ジャプコ)カエルちゃん

9位 serduszko (セルドゥシュコ)ハートちゃん

10位 tygrysku (ティグリスク)虎ちゃん


日本でもくまモンはすごい人気ですが、ポーランド人もクマがお好きなようです。

さらに男女別に見ると、男性から女性への場合は「熊ちゃん」よりも「猫ちゃん」「宝物ちゃん」「太陽ちゃん」の方がより人気で、さらに「お花ちゃん」「魚ちゃん」「ちびちゃん」などのより女性っぽい(?)言葉がランクインしています。

逆に女性から男性への場合は「熊ちゃん」「虎ちゃん」などがやや上位にランクされていますが、どちらもやはり「コハニエ」がダントツ1位でした。

カエルちゃんって・・・ポーランドでも可愛い対象なんですね。

ポーランド人、ホッコリのツボが微妙に日本人と似ていたりして。


ちなみに、これらはポーランド語で7つある格のうちの一つ「呼格」と呼ばれる格変化形です。ポーランド語やチェコ語にはあってロシア語には存在しない「呼格」。なんとなく響きがかわいいのが特徴です。


それにしても、なんで「イモムシちゃん」はランクインしてないんだ!