blog

2015/08/12 00:54

ジェンドブリ!
こんにちは、ポーランドのドーナツ屋「ポンチキヤ」です。

こちらもご覧ください。
ポンチキについて①http://poland.saleshop.jp/blog/2015/08/12/003659
ポンチキについて②http://poland.saleshop.jp/blog/2015/08/12/004545


ここでは、ポンチキの「味」にフォーカスしてみます。

ーフィリングについて
先にもふれたように、ポーランドにはポンチキ専門店が多くあり、
そのお店ごとに中身(フィリング)の種類も様々で
他のヨーロッパ各国のドーナツに比べ非常にバリエーションが豊かです。

最も伝統的なフィリングは「薔薇ジャム」や「プルーンジャム」ですが、
専門店ではその他に、イチゴ、ブルーベリー等のフルーツジャムや、
トッフィー、キャラメル、カスタード、チョコレートの他
甘いチーズクリーム、お酒が効いた「アドボカット」と呼ばれるカスタードのような
ちょっと珍しいフィリングがたくさんあるのも
ポーランドのドーナツ文化の特色ではないでしょうか。


ーポンチキの生地について

生地はブリオッシュに似た、
とてもリッチな材料を使ったイースト生地になります。
日本のあんドーナツと比べても、
卵、牛乳、バターを多く使っているので、生地だけでも十分味わい深いのです。
またポーランド独特のレシピで作られているので、
油で揚げているのにさっぱりと軽く、意外とぺろりと食べれてしまいます。

またロシアにも「ポンチキ」と呼ばれるドーナツがありますが、
こちらはフィリングも入らず、もっと素朴なドーナツとのこと。
このロシアンポンチキはまだ食べたことがないのですが、
いつか日本でも食べられる日が来るかもしれません。