blog

2016/10/11 07:00

[ドスタウァム フィゲン ス マキエム]

ポ:Dostałam figę z makiem


どういう意味でしょうシリーズ

意味(直訳)は「ケシの実とフィグを手に入れた」


ドスタワム が 「(女性形の私が)手に入れた」

フィゲン が 「フィグ(いちじく)」の体格

ス マキエム が 「ケシの実と一緒に」


マコヴィエッツ(ケシの実ケーキ)でもおなじみの「マック」の造格がマキエムです。

なんだか美味しそうな表現ですよね。

さぁて、この意味、実は「ニッツ」つまり「NOTHING」という意味です。


「チェカワム ドゥウゴ アレ ドスタワム フィゲン ス マキエム」

(長く待っていたのに、何も得られなかった)


何でフィグ(いちじく)がこう言う意味になるのか、よくはわかりませんが、なんだか昔からヨーロッパではいちじくを表すジェスチャーが卑猥な意味で使われていたとか、昔の南のスラブ圏ではいちじくをそもそも「何もない」価値のない果実だと言われていたとか何とか。今でもスオバキア語でも同様に「フィグを手に入れた=何も得られなかった」というフレーズがあるらしいです。

いちじく美味しいのに。