blog

2016/10/09 07:00

[タキ ヤック ス コジェイ ドゥピ トロンプカ]

ポ:Taki jak z koziej dupy trąbka


さて、どんな意味でしょう?

意味(直訳)は「まるでヤギのケツから出たトランペットのよう」


タキ が 「このような」返事のハイと同じですが、意味は違います。

ヤック が 「のように」

ス が 「〜から」

コジェイ ドゥピ が 「ヤギのケツ」

トロンプカ が 「トランペット」



タキヤックで覚えたほうがいいかもしれません。よく使います。

もちろん、主語が女性なら、タカヤックです。このタキは形容詞なので、格によって変化します。最悪、はしょっても大丈夫です。


さぁ、この意味なんでしょう?


「イェステム タキム ナウチチェレム ヤック ス コジェイ ドゥピ トロンプカ」

「私はまるで、ヤギのケツから出たトランペットのような教師です」


いい意味ではないことはわかりますよね!(笑)

これは、「まるで教師に『適していない』人間ですよ」、という意味になります。

不思議ですね〜。

ちぐはぐ、とか意味がない、ということを表現するためにヤギのケツとトランペットです。ポーランド語は豊かですね。

「ス パナ タキ プレミエル ヤック ス コジェイ ドゥピ トロンプカ」

(あなたは、本当に首相に適しておりません)という感じで使います。いや、使っちゃダメですよ、実際には。




ここで出てくる「ドゥピ」、主格は「ドゥパ」ですが、いやでもポーランド語を語るには知らないといけない言葉です。

意味は「ケツ」です。お尻なんて可愛いものではなく、「ケツ」です。(お尻は「プパ」)

本当にまぁ、ポーランド語はこういう言葉が好きでよく出てきます。

ショパンの話した言葉とイメージすると、びっくりかもしれませんね。

ポーランド語は、とにかくこう言ったやや汚めのスラングが豊富です。こういうところが個人的には好きです。

「ドゥパ」だけでも100個くらいイディオムがあると思いますが、このドゥパだけでも、「女」という意味で使われます。

「アレ ドゥパ!」は、「いい女」という意味で使われます。

そこまで汚い言葉ではありませんが、あえて使うのもハイリスクノーリターンだと思うのでオススメしません。